このサイトでは、葬儀場設計での火葬場の作り方について詳しく解説しています。先ずは遺族の想いを大切にする設計とは何かに言及します。それは、肝心なのは遺族が安心して故人を送り出すことだからです。
そのために、葬儀場における設計の図面の例を挙げて説明がなされています。葬儀場の設計でスタッフの働きやすさが違う点についても解説されます。加えて、葬儀場の設計プロジェクトの期間の目安に関しても具体的に言及されています。

葬儀場設計での火葬場の作り方

葬儀場設計での火葬場の作り方 葬儀場設計での火葬場作りにおいては、時代のニーズに応じた改修なども必要になります。規模の大きな葬儀を何件も行うのは、葬儀業者にとっては一つの目標となるものです。
但し大規模な葬祭場を建設したとしても、少子高齢化が進む現代では家族葬が占める割合が大きくなります。
その為、大規模な施設を建設しても、それに見合うだけの需要が望めなくなります。とは言え、一旦造られた葬祭場を立て直すには、相当な費用がかかるものです。そもそも建設には多額の借入金が必要になっており、返済するのも大変になります。
そこで解決の選択肢となるのが、経年劣化した施設を改修して、家族葬など小規模な葬儀に対応できるようにすることです。それが今後の葬儀場設計のポイントであり、有効な火葬場の運営につながるものです。

葬儀場設計の構成で大切な箇所と内装について

葬儀場設計の構成で大切な箇所と内装について 日本ででは2000年以降、民間の葬儀場で式を執り行う需要は増えました。以前は故人の自宅や会館が主な会場でしたが、遺族の負担を軽減できるのが民間施設を利用するメリットと言えます。
各地であらたに葬儀場建設が相次いでいますが、葬儀場設計をおこなうには、内装の構成が非常に重要です。たとえばメイン会場だと音響を使用するので、防音素材を壁や天井に設けるのが必要不可欠です。
入口の設置も気を配る必要があり、複数の式を同時におこなう場所であれば各会場の入り口を別々に用意しないといけません。
また、遺族の控室とメイン会場が隣接するように気を配ることもしないといけないので、デフォルトな葬儀場設計では正しい内装を作り上げられないというわけです。
内部の構成に関しては、クライアントと十分に話し合いをおこなって相手が望む壁紙・床材を用意するのが望ましいです。
白や淡いクリーム色が好まれますが、これは葬儀場設計の最終段階で決めることなので、まず最初の全体の構築をおこなってから決めていきます。規模や式やスタイルでも内部の装いは異なるので、時間を掛けて数パターンを用意すればその中からもっとも理想的なものが誕生することでしょう。

葬儀場設計を行う上での注意点と宿泊部分の併殺

セレモニーホール等とも呼ばれる葬儀場を建築する際、葬儀場設計を行う必要がありますが、建築に適した敷地であるかチェックしておく必要があります。
都市計画では葬儀場は不特定多数の人が出入りして利用することから、集会場として扱われており、建設に適した敷地であるか確認しておかなければなりません。葬儀場に該当する地域として具体的には、商業等の業務の利便の増進する商業系地域や、住宅と店舗やオフィス等の共存を図りつつ、住居の環境も保護する二種住居となります。
他にも道路沿線において、施設等の立地と住民生活の環境が調和した準住居も該当します。田畑と共存した田園住居系地域や閑静な住宅街では建築は不可能ですが、建築が可能な場合でも本当に適しているかチェックしなければなりません。
具体的には工業系用途地域で建築することは可能ですが、葬儀場に宿泊部分を併設する場合は、旅館業法の適用を受ける場合対象外となります。
都市計画において該当する地域での葬儀場設計を行う場合でも、宿泊部分を併設しているかを注意点とし、再度チェックしておくとよいです。

葬儀場設計を依頼するなら実績が豊富なところを選ぶ

葬儀場設計を業者に依頼する際には、実績が豊富な業者を選ぶのがおすすめです。葬儀のスタイルは昔とは変化しており、とりあえず近場で済ませようというのではなく遺族の意向や好みによって選ばれることが多くなっています。近年、人気を集めているのは身内など少ない人数で故人を見送る家族葬です。
葬儀場設計では必要な設備や備品を供え、スムーズに葬儀が行えるようにすることが求められます。葬儀場設計を行ってきた実績が豊富な業者であれ、デッドスペースをできるだけ少なくし効率的に儀式を行えるレイアウトを実現するノウハウを持っています。
地域によって葬儀のスタイルは異なるので、地域性も考慮した空間スペースにする必要もあります。親族のための宿泊室を設ける場合、近くに銭湯や温泉施設があればお風呂は設けないといったこともできます。
様々な条件を考慮して、その土地を有効活用できるような葬儀場設計を行ってくれます。葬儀に参加する人が心地よく過ごせる空間づくりが重要です。

葬儀場設計をするにあたって間取りは重要なポイントです

最近葬儀が多種多様になってきていて、さまざまなニーズが求められるようになってきています。家族葬は人気がある葬儀方法になり、少人数で式を執り行うので、小規模な葬儀場が重宝されます。
特に都心部で葬儀場設計をするのであれば、家族葬に対応することができる施設は需要が高い傾向にあります。
葬儀場設計をする際には、建設するエリア情報はもちろんのこと、葬儀場の間取りもしっかり考慮する必要があります。
葬儀場はとても増えてきているので、他社との差別化を図らなければ、経営を維持することが大変になってきています。
選ばれるような葬儀場設計をする必要があります。
そうなるためには、葬儀場の間取りが重要になります。利用者が使いやすいような仕様にする必要がありまず。最近では通夜も葬儀場でおこなわれることが多いので家族が宿泊することができる家族控室やご遺体の安置所などがあれば、さまざまなニーズに応えることができるようになります。

国内で有名な建築家が葬儀場設計した「風の丘葬斎場」

亡くなった人を悼む神聖な場所であり葬儀場や霊園施設、室内墓所は近年世界的に活躍している建築家が手掛ける場所が増えてきています。日本は高齢化や人口の都市集中が進んでいることもあって、神聖な場を生み出すデザイン力に加えて、生活圏との調和などが求められていることが影響しています。
そんな有名建築家が葬儀設計した施設の一つに「風の丘葬斎場」があり、大分県中津市にある最寄り駅から徒歩30分の場所に「風の丘」という公園があります。
この風の丘公園にある風の丘葬斎場は、代官山ヒルサイドテラス一帯の設計を手掛けた槇文彦氏が葬儀場設計をしていて、建物は訪れた人々が集まる待合棟と、火葬炉や告別室のある火葬棟、葬儀を行う斎場棟の3棟で構成されます。
この葬儀場の特徴は、施設に使われる素材にこだわりその姿を周囲の景観と馴染ませることによって、建物としての存在感を和らげる効果を持ちます。
公園と遺跡を含むランドスケープの中で、その建物がひっそりと共存するように建てられることで、この地域の自然や歴史、動植物や人間の営みを含めた幅広い意味を葬儀場設計で取り入れています。

葬儀場設計と建築することが可能な場所と注意すること

葬儀場設計を行う場合は、法律に沿った形で建築できるよう配慮する必要がありますが、建築に適した場所は、沿道サービス向けの二種住居や準住居、商業系地域等となります。
具体的には店舗や事務所も立ち並ぶ住宅街や、道路の沿線等に存在し住民の生活とその他の施設が調和した地域、商業等の利便を増進するための地域と理解しておくとよいでしょう。
敷地は都市計画で用途地域が割り当てられており、地域によっては葬儀場を建てることができません。セレモニーホール等とも呼ばれる葬儀場は、不特定多数の人が集まり、入れ替わり出入りして利用されることから集会場として扱われています。
葬儀場設計を行う際は、閑静な住宅街や田畑と共存した田園住居系では建築できないため、あらかじめ認識しておかなければなりません。
工業系用途地域で建築することは可能ですが、宿泊部分を併設する場合、旅館業法の適用を受ける場合は建築することはできないため、注意する必要があります。

おすすめ葬儀場設計情報サイト

葬儀場設計を依頼する